どっちだろ、水虫はサウナでうつる?サウナで治る?

水虫とサウナの関係とは
スポンサーリンク

水虫はサウナで治るって本当でしょうか、またはサウナでうつる?

水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)60度くらいで死滅するといわれているのですが、

「じゃあ高温のサウナに入ったら私の水虫は治る?」って思いませんか?

逆に「サウナに行くと水虫がうつることが多い」って聞きますがこれは本当?

こんな2つの疑問について一気にお答えしたいと思います!

同時に水虫の簡単にできる予防方法もご紹介しますね。

水虫とサウナの関係とは?

結論からいうとこうなります。。

  • 残念ながらサウナで水虫は治らない(>_<)
  • サウナで水虫にうつる可能性はある(T_T)

すみません、がっかりさせてしまったでしょうか。。理由を説明しますね。

サウナで水虫が治らない理由は?

ナオ

ナオ
サウナに入ると汗が出て体がスッキリ、気分転換にもいいですが、水虫に対してはどうなんでしょうか。

白癬菌は60度ぐらいで死滅すると証明されているのは本当ですが、サウナに入っても白癬菌は死滅してくれません。

サウナは90度くらいの高温なのになんで?って思いますよね。

サウナで水虫が治らない1つ目の理由は?

サウナの室温が90度でも、入っている人の体の皮膚が90度になっているわけではないんです

もし足を90度のお湯に入れると皮膚の温度はあっという間に90度になります(そして大やけどをしてしまいます!)

でもサウナのような乾燥した空間では温度の伝わり方がとても遅いんです。

その温度が伝わる間に、体は汗を出して体温を下げようと働きます。

サウナの中では汗によって皮膚が保護され、40度前後を保っているんですよ。もちろん体の中の温度もそれほど高くなりません。

メイ

メイ
もし本当にサウナの中で皮膚が一気に90度になってしまったら熱湯の場合と同じく、大やけどになってしまいますよね。

また高温のサウナは90度くらいに設定されていますが、部屋全体が均一に90度ではないんです。下の方は40度、部屋の天井あたりは100度ほどとなります。

サウナで水虫が治らない2つ目の理由は?

もしも皮膚が60度の温度に耐えられたとしても、白癬菌は全滅してくれないんです。

なぜなら白癬菌は角質の奥深くに根を張るように広がっていて、そこからまた増殖を始めてしまうからです

水虫を治すのに必要なものは?

水虫を治すには、「抗真菌薬」という白癬菌に強い殺菌力を発揮する薬を根気よく塗り続けることが一番の近道です。

水虫の正しい治療方法をまとめてみましたので、読んでくださいね。

関連記事>>>水虫の正しい治療法とは?今度こそ完治させよう!

スポンサーリンク

サウナで水虫がうつる可能性がある理由は?

サウナで水虫がうつることはある

白癬菌は皮膚の角質を栄養として生きています。この角質は「ケラチン」ともいわれますが、いわゆる「体の垢」です。

垢は皮膚のターンオーバーに合わせて毎日はがれ落ちています。

水虫の患部からはがれ落ちた垢、角質には白癬菌がついたままです。

水虫の厄介なところは、白癬菌は私たちの体から離れても、角質にくっついているとまだ生きたままなんです。

メイ

メイ
ある研究調査によると、長靴に落ちた白癬菌はなんと3か月も生存していたそうです。

この白癬菌がついた皮膚片が銭湯やプール、ジムといった沢山の人が裸足で歩く場所にはたくさん落ちています。

特に公共施設の足ふきマットバスマットには体から落ちた白癬菌が、高温多湿の環境で増殖していて、まず100%の確率で白癬菌がいるといわれます

足に水虫を寄せつけない予防方法

でもあまりナーバスにならないでくださいね、簡単な習慣で水虫を予防することができます。

水虫にならないために2つの大切なことは?

  1. 足の皮膚にできるだけ白癬菌がくっつかないようにする、くっついても洗い落とす
  2. 足を白癬菌が増殖しない環境に保つようにする

白癬菌がくっつかないようにするには?

銭湯や岩盤浴、プール、ジムなどの足ふきマットはできれば使わずに、自分のタオルできれいに拭くようにしましょう。

そしてこのような公共施設から帰ってきたら足を洗うか、ぬれタオルや足用除菌シートで拭くことを習慣つけるといいですね。

シャワーヘッド

でもあわてないでください、水虫はすぐに感染するのではないので安心してくださいね。

水虫は、12時間から24時間かけて白癬菌が角質層に侵入してきて、感染が成立します

ですので、12~24時間に1度はシャワーやお風呂で石鹸やボディーソープを泡立ててやさしく足の指の間まで洗えば大丈夫ですよ。

ナオ

ナオ
菌が気になってタオルでごしごし洗うと皮膚に傷がついて白癬菌が侵入しやすくなるので逆効果です!やさしく洗いましょうね。

足を白癬菌が増殖しない環境にするとは?

白癬菌は高温多湿になると急激に増えます。

ですので逆にすればいいんですね、シャワーやお風呂からあがったら、清潔なタオルで指の間まで乾燥させましょう。なぜなら、水虫は乾燥していると増殖しにくいからです。

日中も足はできるだけ乾燥させているのがいいのですが、一日中靴をはいていると蒸れてしまいますよね。

汗をかきやすい方は以下のような水虫の予防をすると効果的ですよ。

  • 吸湿効果のある靴の中敷きを使う
  • 午前と午後で靴下やストッキングを変える
  • 日中できれば1度くらい除菌シートで指の間や足の裏を拭くか、足と靴を除菌スプレーするのも効果的ですよ(私の愛用はつるりんマスターEXです)

関連記事>>>つるりんマスターEXを買う前に効果や価格をチェック!実際に使ってみました

  • 可能なら5本指ソックスをはいて指の間が汗で蒸れないようにしましょう

関連記事>>>水虫に効果的な5本指ソックス、夜寝る時は?

関連記事>>>水虫の予防法ってあるの?もう絶対なりたくない!

スポンサーリンク

サウナと水虫の関係のまとめ

サウナに入ると汗が出て気持ちがいいですよね。肌もツルツルになって、夜も睡眠が深くなるような気がします。

サウナがどうして体に良いといわれるのか、それは日本サウナ・スパ協会によると

その秘密は、全身から流れ出る汗にあります。また、サウナ浴の時には、血行や呼吸など、他の身体機能も亢進し(高い度合にまで進むこと)、それが汗の作用にプラスされて、さまざまな効用をもたらします。

ということです。

でも残念ながらサウナに入って水虫を治すことはできません。

白癬菌をやっつける効果のある抗真菌薬を使いつつ、足を清潔にすることを習慣づけて水虫を完治させましょうね。

また多くの人が裸足で歩くサウナは白癬菌がいる可能性が高いので、家に帰ってきたら夜寝るまでにはシャワーやお風呂できれいに足を洗って乾燥させましょう。

温泉と水虫の関係についてはこちらの記事をどうぞ!

関連記事>>>水虫と温泉のいろいろと気になる関係とは?

スポンサーリンク

関連記事

水虫と温泉の関係

水虫と温泉のいろいろと気になる関係とは?

森永徹朗式水虫治療法

何を試してもダメだった水虫にやってみる?森永徹朗式水虫治療法

水虫や爪水虫にリステリンが効きますよ、なんて初めて聞いたよね!

水虫や爪水虫は重曹で治る?

水虫や爪水虫は重曹で治せばいいって聞いたけど本当?

珪藻土マットで水虫はうつらない?

水虫は珪藻土マットを使えばうつらない?

ワセリンで水虫を治す?

水虫は民間療法ワセリンで治るって本当!?